ライフスタイル
なぜ新しいものを楽しめなくなってしまうのか

何か新しいゲームでもダウンロードしてやってみようかなそう思ってプレイステーションストアを徘徊したのですが、、、プレイしようかな、と思ったゲームは全て「昔に一度やったことがあるもの」という結果でした。 自分自身としてもとて […]

続きを読む
ライフスタイル
時間を大切にするために決断を先延ばしにしない

また今度にしよう例えば買い物でいま目の前にあるものを次の機会にしようとすることで買わずに帰るもっといいものがあるかもしれない理由はそんなところかもしれないです 「次の機会」本当に来るのでしょうか?同じ場所にまた来ることが […]

続きを読む
ワークスタイル
出口の見えない戦いには挑まない・入口に戻ることも大事

リスクを取らないとリターンは得られないそれはその通りですが、リスクを取ることと無謀には大きな違いがあります。出口を具体的にイメージできるかどうかが非常に重要です。 そして出口は1つではありません。最高の結果のパターン・お […]

続きを読む
ワークスタイル
文字に起こして客観視する

会議やディスカッションのなかで議論が白熱してくるとどうしても口頭ベースが中心に進んでいきます。こうなったときに議論の中心点が見えなくなってきます。言葉が言葉をつなぎ、その言葉がまた次の言葉をつれてきます。そうなるとやはり […]

続きを読む
ライフスタイル
ひとことでまとめる

誰かに何かを伝えたい・わかってもらいたいはたまた誰かを説得したい そう思うとき自然と言葉数が多くなっていきます。あれも説明した方がいい、これも共有しておいた方がいい。「もれなく伝えたい」という気持ちが積要なることが僕自身 […]

続きを読む
ライフスタイル
距離を取ることは悪いことではない

適切な車間距離は大切自動車教習所ではそう習います 一方で小学校では誰とでも仲良くしましょうこうも習います 車と人間という違いはあれど、近い距離になることは良いことだvs適切な距離を取れというようにちょっとだけ相反する主張 […]

続きを読む
ワークスタイル
上手いことを言おうとしなくていい、誠実に向き合おう

流暢に面白いことを話そう誰も思いつかないような例示を使って相手を楽しませよう誰かより優れている、ということの表現方法に「うまく話す」という手段はとても有効なように思われます。身振り手振りを交えてカッコよくプレゼンテーショ […]

続きを読む
ライフスタイル
未知の領域に手を出してみる

いつも食べているものやいつも飲んでいるものどんな味がするか想像がつくため、安心して食べることができます。だからいつもの買い物などではついついそっちに手が伸びます。 逆を返すならば、経験したことのない食べ物には興味より不安 […]

続きを読む
ライフスタイル
自分なりの結論を出す

AかBかを選択して進まなければならないAでもなくBでもなく、新たにCを見つけて踏み出さなければならない「結論を出す」怖さがあります自分で選んだことの先にある何かに責任が生じるため、避けられるなら避けたいと思ってしまうのも […]

続きを読む
ライフスタイル
全てを受け止める覚悟

失敗をしてしまったとき、何かうまくいかなかったとき「悪いのは自分じゃない」そう思いたくなるものです。 原因を周りの環境や誰かのせいにしたくなるどうしようもないことだから、そうなってしまうのも仕方ないです。誰だって自分が傷 […]

続きを読む